• Miwatis Praha

2020年8月11日 チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:2020年8月17日

2020年8月11日(火)夕刻時にチェコテレビ、インターネットでチェコの各メディアが報道しているチェコ、欧州におけるコロナウィルスの状況を伝えるニュースをお伝えします。


1.国内コロナウイルスの状況

・8月10日(月)の新感染者数は140人だった。11日17時30分現在の感染者数は、5073人。入院している感染者の数は、131人で、そのうち24人が重症。

・依然として感染状況が悪いのは、フリーデク・ミーステク地方だが、感染率が低下してきている。10万人当たりの感染者数は、9日(月)の時点で82人、10日(火)の時点で64人。

・感染状況がフリーデク・ミーステク地方に続いて悪い地方は、クラトビ地方(10万人当たり36人)、コリーン地方(10万人当たり27人)。その他、10万人当たり20人以上の地方は、クトナーホラ地方、プラハチツェ地方、プラハ、プラハ東部、プシーブラム地方。

・現在、EU諸国内における危険な国(赤色)は、ルーマニアのみ。

・ギリシャに入国する際、来週月曜日からは陰性の検査結果が求められることから、ギリシャへ行くチェコの観光客が急に検査を受けなければならない状況が発生している。各地の検査場で検査できる人数に限りがあるため、各州に1か所、ギリシャへ旅行するために検査を希望する人々対象とした検査場を設けるよう保健省が指示。

・チェコ観光客がノルウェーへ渡航する際も、8月8日午前0時より、10日の自主隔離が義務付けられている。スロベニアへ入国する場合も、7日午前0時より、2週間の自主隔離が義務付けられている。

2.ロシアのワクチン

・8月10日(火)、ロシア保健省が世界初の新型コロナウイルスワクチンを認証した旨、プーチン大統領が発表した。まず8月末~9月初めから医療従事者、先生・教育関係者にワクチンを投与し、一般の人を対象に来年1月から投与するとしている。しかし、ワクチン認証前に行う第3段階のテストが行われていないため、危険であることをドイツの生化学者Klaus Cichutek、チェコの専門家も述べている。


注:ここに記載している内容は、当日夕刻時にチェコテレビ、インターネットなどで報道されている内容をまとめたものです。報道の仕方による曖昧さから不正確な部分が残ることがあり、またさらにコロナウィルス関連の内容は、報道時とは実際異なる内容が実施されていることもありますのでご注意ください。ここで記載している内容が事実とは異なることから発生し得る状況については、一切弊社にて責任を負いかねますので予めご了承くださるようお願いいたします。本ブログでは、遡及して事実を修正することはしておりません。現在報道されている内容をとらえて、その時の状況判断材料としてご参考いただけましたら幸甚です。

無断転載をお断りします。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示