• Miwatis Praha

2020年8月14日 チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:2020年8月17日

2020年8月14日(金)夕刻時にチェコテレビ、インターネットでチェコの各メディアが報道しているチェコ、欧州におけるコロナウィルスの状況を伝えるニュースをお伝えします。


1.国内コロナウイルスの状況

・8月13日(木)の新規感染者数は329人で、4月3日以来最高の数字を記録した。14日18時01分現在の感染者数は、5450人。コロナウイルスによる死亡者数は、これまで393人。入院患者数は、131人。

・感染状態が一番悪いのは、依然としてフリーデク・ミーステク地方だが、10万人当たりの感染者数42人で、昨日よりも状況は良くなっている。今日の正午から、公共の場所(屋外)におけるマスク着用義務などが解除になった。

・モラビア・シレジア州の炭鉱OKDでは、7月3日以来6週間、稼働が停止していたが、今日から再開。月曜日からは、感染予防を目的とした検査を社員全員に対して行う予定。

・ヴィソチナ地方のアルツハイマーセンターでは、2週間の予定でチェコ軍が同センターの援助を行っていたが、状況が良好となったため、今日、同援助が終了した。

・フリーデク・ミーステク地方に続いて状況が悪いのはプラハで、10万人当たりの感染者数が33人。クラトビ地方の感染状況は、10万人当たり32人。その他、20人以上の地域は、プシーブラム地方、ハブリーチュクーフ・ブロト地方など。

・13日(木)の新規感染者増加は、ピルゼン、ヴィソチナ地方などで、新たに5か所のクラスターが発生したため。しかし、感染者が追跡できており、感染が確認された人の症状は多くが無症状であることが伝えられている。

・今日、8月14日(金)から、バーツラフ広場に観光客を対象とした検査会場が開設した。PCR検査の費用は1750コルナで、24時間以内に検査結果が出る。

・17日(月)には、政府対策委員会が行われ、感染者増加の状態、9月からの学校再開の対策などについて検討する。

・チェコ政府は、1日の新規感染者数が400名を超えると状況が重大になるとしているが、その理由は、追跡作業が間に合わなくなることを、プリムラ政府特使がチェコテレビで説明した。現在、400名を超えても対応できるだけの体制は整えているが、400人を超えると、感染者一人が10人に接触している場合、4000人に電話をして通告しなければならなくなるため、全員に電話通告できなくなる状態が発生し得るとしている。

・プリムラ政府特使は、新型コロナウイルスによる感染では、春に比べて夏は死亡率が低下していることをチェコテレビのニュースで述べた。

・チェコ保健省は、今日14日(金)、8月24日(月)から、スペイン(カナリア諸島を除く)が赤色の危険国になることを発表した。このため、スペインに滞在し、8月24日以降にチェコへ帰国する場合、帰国直後すぐに、住んでいる場所を管轄している州の衛生局に申し出て、自費で検査を受け、帰国後72時間以内に衛生局へ結果を報告しなければならない。8月24日までは、スペインから帰国したら、マスクを着用しなければならず、自由な動きが制限される(外出制限)ことをチェコ保健省は発表している。しかし、市内公共交通機関やタクシーの利用が禁じられるわけではないとしている。検査を受けない場合は、14日間の自主隔離が義務付けられるが、スペインにおける滞在が12時間以内である場合と、5歳未満の子供は対象外。(https://www.irozhlas.cz/zpravy-domov/spanelsko-koronavirus-cesko_2008141228_zit


・現在、ルーマニアは、赤色の危険国であるが、8月24日(月)以降も変更なし。その他の欧州各国は緑色の安全国であるため、帰国の際の規制はない。


・8月17日(月)から、自社の社員が以下の国の国民である場合、チェコで就労する際に、検査を受けさせる義務が課される。

・ベルギー、マルタ、ブルガリア、ルクセンブルク、スペイン

*17日から、ベルギーとマルタが新たに加わる。

  また、同日から、以下の国の国民が、上記義務の対象外となる。

・ポルトガル、スウェーデン

・チェコ保健省は、本日14日(金)、外国へ海水浴の休暇を過ごす場合、バー、レストラン、ナイトクラブなどを避け、見知らぬ人とは2メートルの間隔を保ち、公共交通機関ではマスクを着用し、手をよく洗うよう、再度呼びかけた。


・ギリシャは、チェコからの観光客が飛行機でギリシャに入国する場合、陰性の検査結果提示義務を解除した。陸上の交通手段で入国する場合は、8月17日(月)から、陰性の検査結果を提示しなければならない。

2.外国の様子

・クロアチアでの感染者数も増えているため、オーストリアはクロアチアへの渡航に対して最善の注意を支払うよう呼び掛けた。


・フランス、イギリスなど、他の欧州諸国でも感染者が増加しているため、公共の場における禁煙、マスクを着用していない場合の罰金などの規制が再度課されるようになってきている。


注:ここに記載している内容は、当日夕刻時にチェコテレビ、インターネットなどで報道されている内容をまとめたものです。報道の仕方による曖昧さから不正確な部分が残ることがあり、またさらにコロナウィルス関連の内容は、報道時とは実際異なる内容が実施されていることもありますのでご注意ください。ここで記載している内容が事実とは異なることから発生し得る状況については、一切弊社にて責任を負いかねますので予めご了承くださるようお願いいたします。本ブログでは、遡及して事実を修正することはしておりません。現在報道されている内容をとらえて、その時の状況判断材料としてご参考いただけましたら幸甚です。

無断転載をお断りします。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示