• Miwatis Praha

2020年8月2日 チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:2020年8月17日

2020年8月2日(日)夕刻時にチェコテレビ、インターネットでチェコの各メディアが報道しているチェコ、欧州におけるコロナウィルスの状況を伝えるニュースをお伝えします。


1.国内コロナウイルスの状況

・8月1日(土)の最終新感染者数は125人。現在の感染者数は4749人となり、3月チェコにおいて感染が拡大し始めた当初から最高の数字となった。(チェコ保健省のデータでは、これまでの現在感染者数が最高を記録したのは、4月11日の4623人)

・現在、コロナウイルスで入院している人の数は、121人。そのうち、21名が重篤。1日(土)に死亡した人は2名で、これまでの死者数が384人になった。

・現在の時点でも最も感染率が高いのは、プラハチツェ地方で、10万人当たりの感染者数49人。Intica Systems社の社員の他、夏休み休暇から戻って感染が確認されたケースも発生している。

・南ボヘミア州では、7月31日(金)夕刻時より、12人の新規感染者が確認された。ターボル地方、ストラコニツェ地方、プラハチツェ地方ですでに感染していた人と接触して感染したケースが発生している。同州では、現在146人が感染しており、世界的大流行が始まってから最大。

・プラハの感染状況は、2日(日)18時00分の時点で、46人の新規感染者が発生している。(プラハ衛生局ウェブサイトより)

・プラハから、リスボン、ブラッセル、ヨーテボリ、ドバイへの便の再開、月曜日からはライアンエアーが週2便の割合でコシツェ便を再開することをチェコテレビが報道。(現在、プラハから80の都市へ渡航可能)

・今年春、病院でコロナウイルス感染患者の治療に携わった医療従事者に対する慰労金は、10月に支給することを、チェコ保健大臣がチェコテレビに述べた。野党は、支給時期が遅いとして批判している。

・ヴィソチナ地方では、金曜日から新たに6人の感染が確認された。また、新たにアルツハイマーセンターのクライアント1名が死亡した。同センターでは、先週末より、これまで5人の死者が発生しているが、いずれも基礎疾患があったことを当地の衛生局が述べている。

・プラハのブロフカ病院では、検査のオンライン予約を300人に増やしたが、余裕がある状態。一方、ブルノ大学病院では、現在、検査を希望する場合、医師の紹介状があれば7日(金)に受けることができるが、紹介状がない場合は8月後半になる状況で、各地方、病院の対処の仕方が異なっている。

2.外国の様子

・ポーランドでは、8月1日(土)、548人の新規感染が確認された。7月31日よりも110人ほど少ないが、死者が10人出ており、死者数は先週のレベルの2倍になっている。感染率が一番高いのは、依然としてシレジア地方。


注:ここに記載している内容は、当日夕刻時にチェコテレビ、インターネットなどで報道されている内容をまとめたものです。報道の仕方による曖昧さから不正確な部分が残ることがあり、またさらにコロナウィルス関連の内容は、報道時とは実際異なる内容が実施されていることもありますのでご注意ください。ここで記載している内容が事実とは異なることから発生し得る状況については、一切弊社にて責任を負いかねますので予めご了承くださるようお願いいたします。本ブログでは、遡及して事実を修正することはしておりません。現在報道されている内容をとらえて、その時の状況判断材料としてご参考いただけましたら幸甚です。

無断転載をお断りします。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示