• Miwatis Praha

2021年2月20日 チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:4月14日

3月1日からの高校最終学年の授業再開 見送りの可能性大

ポーランド チェコ・スロバキア国境 規制強化の可能性


現行の緊急事態は、2020年2月28日まで(2月14日延長:詳細は2月14日ブログをご覧ください)


2021年2月19日、マスクに関する規定に変更がありました。2月23時0時から店舗、公共交通機関、病院におけるFFP2マスク、ナノ繊維マスク、医療マスク2枚重ねが義務付けられます。ご注意ください。(3-1③をご覧ください)


2020年2月5日(金)より、チェコへの入国規制が強化(4₋1.「チェコへの入国規制」をご参照ください)。


2021年1月30日0時より、接触できる人の制限(一家庭内のみ)、宿泊時の規制など、規制が厳しくなっています(詳しくは、1月28日ブログをご覧ください)。外国人観光客の入国も公式に禁止されました(詳しくは、1月30日ブログをご覧ください)。


12月27日(日)0時00分から、規制レベル5(PES規定5、営業可能な店舗・サービス業日曜日営業可)に変更になりました。(詳細は3-0-1「12月27日導入規制レベル5(主な内容)」、3-1①「新型コロナウイルス規制システムPES(新リスク指標)に基づく規制」をご覧ください)


チェコ政府公式コロナウイルス感染ウェブサイト:https://covid.gov.cz/en/(英語版)


<目次>

1.国内コロナウイルス感染状況(データ)

2.今日の動き

2₋1. 感染の様子(PES指標)

2-2. 今日の動き(当日の国内ニュース)

2₋3. PESシステム 各地のリスク指標

2₋4. チェコの感染状況(直近7日間人口10万人当たりの感染者数)

2₋5. 外国の様子

① EU内の感染状況比較(ECDCのデータ 2021年2月18日アップデート

3.国内規制

3₋0₋0. 規制変更内容(2021年2月15日アップデート

3-0-1. 12月27日からの規制レベル5導入内容

3-1. ① 新型コロナウイルス規制システムPES(新リスク指標)に基づく規制

② 検閲隔離期間

③ 検疫隔離・陽性隔離、追跡作業の規則変更

4.外国の様子

4₋1. チェコへの入国規定(2021年2月5日アップデート

4-2.各国の感染リスク度表示(2021年2月19日アップデート

4-3.外国渡航に関する情報(2月16日アップデート


1.国内コロナウイルスの状況

・前日の新規陽性者数(今日8時00分におけるチェコ保健省の発表)

2月19日(金)の新規陽性者数:11,192人(1週間前の金曜日より2367人多い)

PCR検査実施数累計:5,108,436件

PCR検査実施数(当日):32,917件

抗原検査実施累計:2,290,609件

抗原検査実施数(当日):43,381件


全検査の陽性率(2月19日現在):33.94%(32.59%*)


予防接種実施数(2月19日)

累計:538,448

昨日の投与数:15,268



・今日の感染状況(https://koronavirus.mzcr.cz/

2月20日(土)8時00分におけるチェコ保健省の発表

現在の陽性者総数:115,130人(昨日から増加)

治った人の数:1,012,094人

現在の入院患者数:6,366人(前日から23人増)

累計感染者数:1,148,321人

累計死亡者数: 19,097人(前日から184人増)(1万9千人を超えた)

・入院患者数と重症者数

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19/prehled-hospitalizaci

2月19日(金)現在

入院患者数:6366人(前日の6343人から23人増、6483人から117人減)

(前日の数字が、6343人から6483人へ修正されている)

重症者の数:1290人(前日の1258人から32人増、1292人から2人減)

(前日の数字が、1258人から1292人へ修正されている)

・プラハにおける感染状況

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19/kraje/PHA

2月19日(金)

新規陽性者数:1209人

2月20日(土)8時現在

現在の陽性者総数:13,723人

治った人の数:112,409人

累計感染者数:127,830人

累計死亡者数:1,698人


各州の状況:

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19/kraje


2.今日の動き

2-1. 新型コロナウイルス規制システムPES(新リスク指標)による現状

全国の規制レベル:紫(リスク5)

(導入規制は3-0-1をご覧ください)


12月27日(日)から規制がレベル5になった(12月23日政府決定)。


今日2月20日(土)のリスク指標(チェコ全国)は75→

(規制レベル4相当)

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/pes


2月19日(金)、規制レベル4相当の指数になり、今日は2日目。



2-2. 今日の動き

●感染状況

・新規感染者数が4日前から1万人を超えている。

・過去直近2週間における人口10万人当たりの新規感染者数(チェコ全域)は昨日の1059人から1085人へ増加。


・重症者の数は、1290人で、1週間前(13日1104人)から186人増。


・R値が1.19へ悪化。


・現在、直近過去7日間における10万人当たりの新規感染者数が悪い地域は、

① タホフ地方(ピルゼン地方)  1242人

② ソコロフ地方(カルロビ・バリ州) 1159人

③ ロキツァニ地方(ピルゼン州) 1011人

●3月1日からの通常授業再開の予定

 今日、バビシュ首相は、現在検討されている、高校生最終学年の通常授業再開(3月1日~)が、感染状況は極めて悪いため、危ぶまれることを発表した。


現在のところ、通常授業再開が以下の予定で検討されている。

3月1日~  高校最終学年

3月8日~  実習授業再開

3月15日~  基礎学校第9学年


授業再開の可否について、22日(月)の政府会議にて検討される。


●学校に導入される抗原検査

 3月から学校にて使用される抗原検査キットの仕入先として指名された会社が、内務省の入札要求事項を満たしていないことを、インターネット新聞seznam.czが確認した。バビシュ首相は、同社について疑義を抱いており、また入札に参加して指名されなかった会社から批判の声が上がっているとして、今週行われた入札の取り消し、再入札を要請している。ハマーチェク内務大臣は、3省の代表者にて構成された審査会が選考したこと、月曜日に政府に説明することを述べている。


 緊急事態では、政府が入札なしに仕入先を指名することが可能であるため、政府が緊急事態延長にこだわったこと(SPDの発言)、この理由から野党は緊急事態延長反対を主張し、パンデミック法の受入れを求めた(キリスト教民主同盟の発言)、と述べている。

●事業主への政府援助

 ハブリーチェク副大臣(産業貿易大臣、交通大臣)は、事業主への政府援助について、今後は予算の理由により、補償金から融資保証へ移行していかなくてはならないことを述べた。この移行については、5月~6月頃になるとしている。


 感染者と接触しても隔離に入らない人が多いため、自営業者に対しても、隔離時の

補償金として、隔離初日から日当たり500チェココルナが支給される予定(現在、下院にて承認されており、来週上院にて審議される)。しかし、任意である疾病保険の加入が受給条件となっているため、大半の自営業者は受給権が得られない状態。(統計では、疾病保険に加入している自営業者は、11人に1人となっている)

●FFP2保護マスク

 昨日政府が、来週火曜日より、店舗、公共交通機関、病院において、FFP2保護マスク着用を義務付けることを発表したため、今日、保護マスクが売り切れているというレポートがチェコテレビ19時ニュースで報道されている。


 チェコテレビ19時のレポートの中で、政府は、FFP2保護マスクがない場合は、ナノ繊維マスクまたは医療マスク2枚重ねを認めると発表したが、昨日の政府発表では、FFP2(又はKN95、N95)保護マスク、ナノ繊維マスク、医療(サージカル)マスクの場合は2枚重ね、とされており、どのマスクでも同等の扱いになっている。


●ポーランドとの国境

 ポーランドは、チェコとスロバキアとの国境の入国制限を検討していることを今日発表した。ポーランドは先週から2週間の予定で規制緩和を試みており、映画館、劇場、宿泊施設、スキー場などの閉鎖を解除したが、国民が規制を順守しないこと、変異株による感染が拡大していることから、感染者が増加している。ニージェルスキ保健大臣は、昨日、ポーランドにおいて第三波が始まっており、問題は第三波がどの程度の規模になるかだと述べた。ポーランド政府は今後の規制について来週検討する。

●変異株の割合

チェコテレビが各州の衛生局に対し、新変異種の割合について尋ねた結果は以下のとおり。


プラハ 具体的な数字なし

中央ボヘミア州 具体的な数字なし

南ボヘミア州 50%

ピルゼン州 79%

カルロビ・バリ州 76%

ウースチー州 60%

リベレツ州 67%

フラデツ・クラーロベー州 76%

パルドゥビツェ州 80%

ビソチナ州 70%

南モラビア州 13%*

オロモウツ州 具体的な数字なし

モラビア・シレジア州 具体的な数字なし

ズリーン州 50%

*南モラビア州の数字は、Diana Biotechnologies社の発表では、50~60%になっている。

Diana Biotechnologies社の発表は、2月18日のブログに掲載。


●変異株について

 チェコテレビのインタビューに対し、チェコアカデミー分子遺伝学研究所のパチェス研究員は、変異株は、ブラジル、南アフリカ、イギリスなどの、パンデミックを抑制できず、感染患者が多く発生している国にて発生しており、チェコでも発生していることを述べた。

 また、GeneSpector社のポフルトカ社長は、チェコ国内で確認されているサンプルの中に、どの変異株か判定できないものが出てきているため、チェコに存在する変異株の種類は広範囲にわたっていると考えられる、と述べた。


 変異株は研究者によりこれまで4000ほど確認されていること、チェコに入ってきた英国型変異株は、チェコ国内でさらに感染拡大する中、さらに新しい変異株に変異し、すでに存在する抗体に対して耐性を得る可能性があることを、チェコテレビ編集局が伝えている。


<「チェコ型コロナウイルス」>

 チェコテレビは、ウェブサイト上の記事(2月16日付)にて、コロナウイルスB.1.258∆が昨年秋、チェコにて最も多く発生していたことを伝え、このウイルスを「チェコ型コロナウイルス」として報道している。同記事では、昨年秋、チェコを中心とする中欧地域にて、この地域に典型的な変異株が存在していた痕跡があることを、スロバキアの研究者ブロニァ・ブレヨバー女史のチームが論文を発表したことが伝えられている。

 ブレヨバー研究チームは、チェコ或いはスロバキアにおいて新変異株が発生したのかどうかは確認できていないこと、チェコ、スロバキアにて感染拡大した変異株の最初のサンプルはスイスとイギリスで見つかっていること(その理由は、スイス、イギリスにてシーケンス解析が多く行われているため)、コロナウイルスB.1.258∆は、昨年秋、世界各国で確認されているが、チェコにおいて最も多く確認されたこと(英国、デンマーク、アイスランド、アメリカでは最大10%、ポーランド、スロバキア、ドイツでは最大20%、チェコでは50%)を述べている。ブレヨバー研究員は、同論文の中で、「チェコ型変異株」とは記載していないが、インタビューの中で、チェコ型変異株と呼ぶのがふさわしいと言及した。

 チェコ型変異株は今も存在し、今後もなくなることはないが、現在、英国型変異株が優勢となりつつあるため、劣勢になっていることを、ブレヨバー研究員、チェコアカデミー分子遺伝学研究所のパチェス研究員が述べている。


2-3. PESシステム 各州のリスク指標(2021年2月19日現在)


リスク指標 規制レベル(相当*)

チェコ全域 75↓  4



チェコ全域のリスク指標が規制レベル4のカテゴリーになって1日目。


2月20日現在の指標75の内訳 発表なし

絶対値  評価スコア

合計

保健省コメント:



<上記指標の内容 >

1月6日よりPESシステム指標のパラメーターが変更になった。

新しいパラメーターは以下のとおり。(保健省1月7日発表)

新規感染者数(過去直近2週間における人口10万人当たり)

65歳以上の新規感染者数(過去直近2週間における人口10万人当たり)

R値(簡易)

入院後に感染が判明した件数の割合(過去直近2週間における人口10万人当たり)

65歳以上の新規感染者数増加の有無

入院後に感染が判明した件数増加の有無



2₋4. チェコの感染状況(直近7日間人口10万人当たりの感染者数)

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19) (2021年2月20日8時発表のデータ)


 昨日 今日

絶対数 10万人 絶対数 10万人

当たり 当たり

プラハ 6398 483.13 6839 516.43

<中央ボヘミア州>

ベネショフ 771 775.54 902 907.32

ベロウン 365 383.98 450 473.4

クラドノ 916 550.21 1036 622.29

コリーン 662 645.08 748 728.88

クトナー・ホラ

471 621.14 503 663.34

ムニェルニーク

769 703.56 827 756.62

ムラダーボレスラフ

888 681.16 1018 780.88

ニンブルク 724 717.64 813 805.86

プラハ東部 1103 595.64 1166 629.66

プラハ西部 920 616.05 1022 684.35

プシーブラム 535 464.8 602 523.01

ラコブニーク 265 476.94 323 581.33

<南ボヘミア州>

チェスケーブジェヨビツェ

548 279.73 652 332.82

チェスキー・クルムロフ

244 396.39 246 399.64

インドジフーフ・フラデツ

409 450.98 591 651.66

ピーセク 327 456.79 427 596.48

プラハチツェ 137 268.74 165 323.67

ストラコニツェ

299 422.48 311 439.44

ターボル 448 436.67 510 497.1

<ピルゼン州>

ドマジュリツェ

431 694.47 505 813.7

クラトビ 632 731.44 866 1002.26

ピルゼン北部 679 848.97 784 980.26

ピルゼン市内 1301 669.65 1520 782.38

ピルゼン南部 446 702.49 523 823.78

タホフ 600 1104.24 675 1242.27

ロキツァニ 418 847.03 499 1011.17

<カルロビ・バリ州>

へプ 823 898.14 829 904.69

カルロビ・バリ

1027 894.46 1035 901.43

ソコロフ 968 1097.36 1022 1158.57

<ウースチー州>

ジェチーン 750 578.96 766 591.31

ホムトフ 530 424.18 539 431.39

リトムニェジツェ

559 467.13 673 562.39

ロウニ 392 452.18 478 551.38

モスト 514 460.13 545 487.88

テプリツェ 580 449.36 668 517.54

ウースチー・ナト・ラベム

589 493.56 590 494.39

<リベレツ州>

チェスカー・リーパ

529 512.1 568 549.85

ヤブロネツ・ナド・ニソウ

585 645.22 703 775.36

リベレツ 1039 591.6 1179 671.31

セミリ 574 774.66 632 852.94

<フラデツ・クラーロベー州>

フラデツ・クラーロベー

1481 901.49 1451 883.23

イチーン 620 774.56 737 920.73

ナーホト 1003 912.17 1008 916.71

トルトノフ 1168 990.02 1182 1001.88

リフノフ・ナト・クニェジュノウ

605 762.13 693 872.98

<パルドゥビツェ州>

フルジム 701 670.09 790 755.16

パルドゥビツェ

1513 862.4 1590 906.29

スヴィタヴィ 359 344.09 447 428.44

ウースチー・ナド・オルリツィー

936 676.91 1168 844.69

<ビソチナ州>

ハヴリーチクーフ・ブロト

348 366.64 367 386.66

イフラバ 250 220.02 300 264.02

ペルフジモフ 305 421.84 326 450.89

トシェビーチ 277 249.98 335 302.32

ジュジャール・ナト・サーザボウ

401 339.38 488 413.01

<南モラビア州>

ブランスコ 326 298.71 423 387.59

ブルノ市内 1091 286.09 1345 352.7

ブルノ郊外 713 317.39 861 383.28

ブジェツラフ 452 388.68 531 456.61

ホドニーン 494 320.9 606 393.65

ビシュコフ 393 425.88 532 576.51

ズノイモ 342 299.08 418 365.54

<オロモウツ州>

イェセニーク 103 271.28 107 281.82

オロモウツ 844 358.43 919 390.28

プロスチェヨフ

327 300.98 375 345.16

プシェロフ 541 417.72 591 456.33

シュンペルク 317 263.25 373 309.76

<モラビア・シレジア州>

ブルンタール 352 384.29 380 414.86

フリーデク・ミーステク

581 270.66 730 340.07

カルビナー 692 280.93 776 315.03

ノビー・イチーン

489 322.61 530 349.66

オパバ 741 420.46 767 435.21

オストラバ市内

729 227.71 825 257.7

<ズリーン州>

クロムニェジーシュ

244 231.62 274 260.1

ウヘルスケー・フラジシチェ

352 247.49 378 265.77

フセチーン 259 180.7 278 193.95

ズリーン 418 218.1 482 251.5




2-5.外国の様子

① EU/EEA及びUKの感染状況比較(ECDCのデータ)

直近2週間における人口10万人当たりの感染者数(①)

及び人口100万人当たりの死亡者(②)

(2020年2月18日アップデート)


2021年6週目(2月8日~2月14日)


チェコの一番状況が悪い。

 ① ②

1.  チェコ 968.13 173.74

2.  エストニア 648.54 61.70

3.  スロベニア  620.70 107.35

4.  ポルトガル 589.92 257.77

5.  スペイン 556.66 134.54

6.  ラトビア 548.57 134.19

7.  スロバキア 519.27 240.02

8.  フランス 398.17 85.52

9. スウェーデン 396.46 20.63

10. マルタ 372.74 50.53

11. ルクセンブルク  353.77 43.12

12. オランダ 289.18 46.93

13. リトアニア 287.89 92.26

14. イタリア 283.10 84.86

15. アイルランド 262.57 129.12

16. ベルギー 240.85 50.08

17. オーストリア 212.44 50.33

18. ポーランド 205.78 96.21

19. ハンガリー 205.63 120.17

20. キプロス 184.35 24.77

21. ルーマニア 171.96 53.96

22. ブルガリア 157.25 83.29

23. ギリシャ 141.54 30.79

24. ドイツ 140.70 95.66

25. クロアチア 128.26 70.23

26. リヒテンシュタイン 110.98 25.81

27. デンマーク 100.28 26.79

28. フィンランド 87.54 7.06

29. ノルウェー 65.86 4.84

30. アイスランド 6.59 0.00


*赤字は先週から増加。



3. 国内規制

3-0-0.  規制変更内容


1.2021年2月14日に発表された規制変更

役所における受付時間:受付時間の制限を解除し、役所にて手続きする申請者が列を作って待たなくてもよいようにする。


② 宿泊施設:これまで、医療従事者が勤務のために宿泊することを認めていたが、今後は、遠距離に入院している家族の同伴などの必要から宿泊することも認める。


③ 図書館:事前予約した本の窓口による貸し出し、借りた本の返却も窓口による返却のみを認め、FFP保護マスクの着用を義務付ける。


④ 学校:試験審査員による試験(高校、コンセルバトワール)の実施を認める。


⑤ 企業の代表機関:企業の代表機関選挙、代表機関会議などの実施を認める(参加は最高50名まで可)。参加人数が10人以上の場合は、保護具(医療用マスク又はFFP2クラスのマスク)を着用し、2メートルの社会距離を保ち、参加者各自が抗原検査を受けることを義務付ける。


3-0-1. 12月27日からの規制レベル5導入内容

12月27日(日)0:00より、PESシステムの規制レベル3からレベル4へ移行した。

政府は、当初の規制レベル5通りの導入とし、例外を認めないとしているが、今回は店舗の日曜日営業が認められている。


主な規制内容は以下のとおり。

・マスクは、屋内及び屋外公共の場所にて着用。

・店舗(スーパーマーケットも含めて、食品、日用品、医薬品等の生活必需品に販売を限定)(人数制限:1顧客当たり15平米)(日曜日も営業)

・屋外マーケット・市場禁止

・宿泊施設閉鎖(チェコ人の観光目的による宿泊は禁止。職業上の目的による宿泊、外国人がチェコに滞在するための宿泊、検疫隔離又は陽性隔離の場合は可

・レストラン閉鎖(テイクアウトのみ)

・サービス業閉鎖

・外出禁止令(夜9時~翌日朝5時まで)

・集会人数2人まで(家族、勤務先は例外)

・飲酒(公共の場では禁止)

・結婚式・葬儀(参加者15人まで)

・ミサ(参加者数:定員の1割まで)

・学校(新年明けてから遠隔授業。例外:基礎学校1・2年生、幼稚園、特別学校)

・文化的な催し、博物館・美術館・各地の城は閉鎖

・図書館:貸出返却のみ

・プロスポーツ 試合は観客なしで許可

・アマチュアスポーツの試合禁止

・屋内運動場・プール 閉鎖

・屋外運動可(参加者最大2人まで)

・スキー場のリフトは、スキー客の利用禁止。(スキーをしない観光客の利用は可)

3-1.

① 新型コロナウイルス規制システムPES(新リスク指標)に基づく規制

*PESシステムは11月13日(金)発表、16日(月)公式有効・導入


<システムの仕組み>

一定のパラメータを使って、リスク指標をスコア制にて計算し、5段階に分ける。

11月16日導入後、1月5日まで、以下の4つのパラメータが使われていた。

 1.過去直近14日間の人口10万人当たりの新規感染者数(0~20点)

 2.過去直近14日間の人口10万人当たりの高齢者の新規感染者数(0~20点)

 3.簡素R値(0~30点)

 4.過去7日間における実施検査数に対する陽性率(0~30点)


しかし、12月18日から全国一斉の抗原検査が開始し、上記指標は現状に見合わなくなったとして、1月5日、新パラメータが発表され、6日から導入された。

新規パラメータは以下のとおり。


新規感染者数(過去直近2週間における人口10万人当たり)

65歳以上の新規感染者数(過去直近2週間における人口10万人当たり)

R値(簡易)

入院後に感染が判明した件数の割合(過去直近2週間における人口10万人当たり)

65歳以上の新規感染者数増加の有無

入院後に感染が判明した件数増加の有無


5段階は、それぞれ、

レベル5(76点以上:紫) 危険度高

レベル4(61~75点:赤) 危険度中の高

レベル3(41~60点:オレンジ)危険度中

レベル2(21~40点:黄) 危険度中の低

レベル1(20点以下:緑) 危険度低

各段階の規制は、下記参照。


<各レベルへ移行する場合の条件>

入院患者数が以下の人数になった場合、規制が緩和・強化する。


規制レベル 入院患者数

5 4000人 (集中治療室の患者450人)

4 3000人

3 2000人

2 1000人

1 1000人未満


●新型コロナウイルス規制システムPES(新リスク指標)各段階の規制は、全㉗項目に分かれている(マトリックス上の表になっている。):file:///D:/Plocha/Downloads/covid-pes-matice-opatreni.pdf

表(マトリックス)は全部で2つ作成され、上記の表(マトリックス1)の他、詳細規定を記入したマトリックス2が今後徐々に発表される予定(→12月22日に保健省サイトに公表。以下参照)



保健省が12月22日に改定したマトリックスは、全部で6つ。

① 総括マトリックス(当初の名称:マトリックス1)

https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/11/PES_matice_opatreni_221120_final.pdf

② スポーツ

https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/12/Matice_opatreni_PES_druheho_stupne_sport_final_29112020.pdf

③ 文化・宗教儀礼

https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/11/Matice_opatreni_PES_druheho_stupne_kultura_bohosluzby_final_29112020.pdf

④ 産業・商業

https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/11/Matice_opatreni_PES_druheho_stupne_prumysl_obchod_final_29112020.pdf

⑤ 学校

https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/12/Matice_opatreni_PES_druheho_stupne_skolstvi.pdf

⑥ スキー場

(https://koronavirus.mzcr.cz/wp-content/uploads/2020/12/Matice_opatreni_PES_druheho_stupne_skiarealy_final_17122020.pdf)


*②~⑥は各分野の管轄省庁が保健省と話し合って作成したマトリックス

(PESシステムのPESが犬を意味し、保健省は同システム導入時に名称は「感染状況を監視する番犬」に由来するとしたことから、②~⑥について、一部の専門家からは、番犬の邪魔をする「子犬」ができたと揶揄された)


以下は①のレベル別の規制内容と項目別の規制内容(訳)。


注:以下の規制の中にある「運営上の対策」は、各分野の下位マトリックスに相当する、上記の②~⑥の内容)

注:基礎学校第一段階は、1~5年生、第二段階は6~9年生。


<マトリックス1・レベル別の規制内容>

レベル5(紫)

①マスク着用義務:屋内では常時及び屋外の公共場所

②屋内及び屋外における集会人数:2人

③結婚式・葬儀・宗教儀礼:最大15人

④病院・社会福祉施設の面会:基本的に禁止(規定された例外を除く)

⑤自由な移動:夜間外出禁止21時~5時

⑥行政役所の受付時間:受付時間を限定し、必要不可欠な手続きに限り受け付け(テレワークの導入)

⑦宿泊施設:制限あり

⑧学校:遠隔授業(保育園、特別支援学校、基礎学校第一学年及び第二学年+特別なケースを除く)

⑨スポーツ試合:プロの試合(観客なし、特別対策)許可、アマチュアスポーツ禁止

⑩余暇のスポーツ:屋内運動施設閉鎖、屋外の運動可だが最大2人

⑪プール・ウェルネス:閉鎖(健康関係のサービス提供は例外)

⑫文化関係:文化関係の催し禁止。プロの芸術家は特別な対策に基づく。

⑬博物館・ギャラリー:閉館

⑭城・歴史記念物:閉場

⑮図書館:非接触による貸し出し・返却

⑯ゲームセンター・カジノ・宝くじ販売営業所:閉鎖

⑰飲食店:外出禁止時間外のテイクアウト

⑱公共の場所における飲酒:禁止

⑲店舗(ショッピングモール):生活に必要な基本的な物品販売に限定。顧客一人当たり15平米。店舗前の行列の整備。外出禁止時間外の営業。日曜日*・祭日は休店。

(*12月23日政府記者会見にて、ブラトニー保健大臣が、祭日のみとすることを発表している)

⑳小売店:生活に必要な基本的な物品販売に限定。顧客一人当たり15平米。店舗前の行列の整備。外出禁止時間外の営業。日曜日・祭日は休店。

㉑その他のサービス業・営業所:閉鎖。

㉒事業者(製造業・倉庫業):稼働上の対策*。検査推奨。

㉓事業者(事務職・その他の営業):可能な限りテレワーク。検査推奨。

㉔温泉療養所:健康関係のサービス提供に限定。一部屋に一人。

㉕刑務所における面会:禁止

㉖緊急事態の必要性:必要あり

㉗規制順守チェック:警察及び自治体

<スキー場>

宿泊施設:閉鎖

リフト、ゲレンデ、スキースクール、運動場:閉鎖

スキーレンタル:閉鎖(オンライン営業は可)

ロープウェイ:スキー客以外の観光客

(徒歩による遠足、クロスカントリー、スキーアルピニズム)のみ

リスク4(赤)

①マスク着用義務:屋内では常時及び屋外の公共場所

②屋内及び屋外における集会人数:6人

③結婚式・葬儀・宗教儀礼:最大20人

④病院・社会福祉施設の面会:基本的に禁止(規定された例外を除く)

⑤自由な移動:夜間外出禁止23時~5時

⑥行政役所の受付時間:受付時間を限定。運営上の対策*

⑦宿泊施設:制限あり

⑧学校:保育園、特別支援学校、基礎学校第一段階は学校における通常授業。基礎学校第二段階は、1週間ごとに交代して登校(例外あり)。高校、専門学校、大学は遠隔授業(例外あり)。

⑨スポーツ試合:プロの試合(観客なし、特別対策)許可、アマチュアスポーツ禁止

⑩余暇のスポーツ:屋内運動施設閉鎖、屋外の運動可だが最大6人

⑪プール・ウェルネス:閉鎖(健康関係のサービス提供は例外)

⑫文化関係:観客なし。リハーサルの規定は運営上の対策*に基づく。

⑬博物館・ギャラリー:閉館

⑭城・歴史記念物:閉場

⑮図書館:窓口による貸し出し(事前予約した本に限定)・返却

⑯ゲームセンター・カジノ・宝くじ販売営業所:閉鎖

⑰飲食店:外出禁止時間外のテイクアウト

⑱公共の場所における飲酒:禁止

⑲店舗(ショッピングモール):生活に必要な基本的な物品販売に限定。顧客一人当たり15平米。店舗前の行列の整備。外出禁止時間外の営業。日曜日・祭日は休店。

⑳小売店:生活に必要な基本的な物品販売に限定。顧客一人当たり15平米。店舗前の行列の整備。外出禁止時間外の営業。日曜日・祭日は休店。

㉑その他のサービス業・営業所:閉鎖。

㉒事業者(製造業・倉庫業):マトリックス2に基づく。検査推奨。

㉓事業者(事務職・その他の営業):可能な限りテレワーク。検査推奨。

㉔温泉療養所:健康関係のサービス提供に限定。一部屋に一人。

㉕刑務所における面会:禁止

㉖緊急事態の必要性:必要あり

㉗規制順守チェック:警察及び自治体

<スキー場>

宿泊施設:閉鎖

スキー場:オープン可、但し、社会距離維持のための通路設置。

リフト:スキー客も可、但し、カバーは開けたままにする。

ロープウェイ:スキー客も可、但し、窓を開けて操業。


リスク3(オレンジ)

①マスク着用義務:屋内では常時及び屋外の公共場所

②屋内及び屋外における集会人数:屋外50人、屋内10人

③結婚式・葬儀・宗教儀礼:最大30人

④病院・社会福祉施設の面会:社会福祉施設内の面会は基本的に禁止(規定された例外を除く)、病院の面会規制

⑤自由な移動:制限なし

⑥行政役所の受付時間:受付時間を限定。運営上の対策*

⑦宿泊施設:制限なし

⑧学校:保育園、特別支援学校、基礎学校第一段階は学校における通常授業。基礎学校第二段階、高校、高等専門学校は、1週間ごとに交代して登校(例外あり)。大学は基本的に遠隔授業(例外あり)、大学1年生は通常授業。

⑨スポーツ試合:プロ及びアマチュアの試合許可(観客なし、特別対策)

⑩余暇のスポーツ:屋内運動施設は個人競技10人まで、屋外の運動可だが2チームまで。

⑪プール・ウェルネス:人が集会する催しと同規定。

⑫文化関係:観客なし。リハーサルの規定は運営上の対策*に基づく。

⑬博物館・ギャラリー:入場可能人数の25%まで。

⑭城・歴史記念物:人数制限あり(グループあたり最大10人)

⑮図書館:1人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。

⑯ゲームセンター・カジノ・宝くじ販売営業所:22時~6時まで閉店。顧客は必ず座ること。1テーブルに最大4人。入場可能人数の50%まで。運営上の対策。

⑰飲食店:22時~6時まで閉店。顧客は必ず座ること。1テーブルに最大4人。入場可能人数の50%まで。運営上の対策。

⑱公共の場所における飲酒:制限なし。

⑲店舗(ショッピングモール):顧客一人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。店内及び店外に待つ人の列を整備。フードコートはテイクアウトのみ。キッズコーナー閉鎖。

⑳小売店:顧客1人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。店内及び店外に待つ人の列を整備。

㉑その他のサービス業・営業所:運営上の対策。

㉒事業者(製造業・倉庫業):運営上の対策。検査推奨。

㉓事業者(事務職・その他の営業):テレワーク推奨。検査推奨。

㉔温泉療養所:運営上の対策。

㉕刑務所における面会:運営上の対策。面接禁止。

㉖緊急事態の必要性:必要あり

㉗規制順守チェック:警察及び自治体

<スキー場>

宿泊施設:閉鎖

スキー場:オープン可、但し、社会距離維持のための通路設置。

リフト:スキー客も可、但し、カバーは開けたままにする。

ロープウェイ:スキー客も可、但し、窓を開けて操業。


リスク2(黄色)

①マスク着用義務:屋内では常時及び屋外の公共場所

②屋内及び屋外における集会人数:屋外100人、屋内50人

③結婚式・葬儀・宗教儀礼:最大50人

④病院・社会福祉施設の面会:社会福祉施設内及びホスピスの面接は制限あり。

⑤自由な移動:制限なし

⑥行政役所の受付時間:受付時間を限定。運営上の対策*

⑦宿泊施設:制限なし

⑧学校:保育園、基礎学校、高校、高等専門学校、大学は通常授業。生涯大学は遠隔授業。

⑨スポーツ試合:観客屋外500人/屋内250人。屋外:1セクション250人で最大2セクションまで。屋内:1セクション最大125人で最大2セクションまで。

⑩余暇のスポーツ:屋外/屋内の運動可。屋内では、1運動場に2チームまで。運営上の対策。

⑪プール・ウェルネス:人が集会する催しと同規定。

⑫文化関係:

観客は座席につく場合:屋外1000人/屋内500人。屋外:1セクション500人で最大2セクションまで。屋内:1セクション250人で最大2セクションまで。

観客が立つ場合:屋外500人/屋内250人。屋外:1セクション250人で最大2セクションまで。屋内:1セクション125人で最大2セクションまで。

座席と立席の双方がある場合:屋外500人/屋内250人。

⑬博物館・ギャラリー:入場可能人数の50%まで。

⑭城・歴史記念物:人数制限あり(グループあたり最大30人)

⑮図書館:2人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。

⑯ゲームセンター・カジノ・宝くじ販売営業所:22時~6時まで閉店。顧客は必ず座ること。1テーブルに最大6人。運営上の対策。

⑰飲食店:22時~6時まで閉店。顧客は必ず座ること。1テーブルに最大6人。運営上の対策。

⑱公共の場所における飲酒:制限なし。

⑲店舗(ショッピングモール):顧客2人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。店内及び店外に待つ人の列を整備。フードコート及びキッズコーナーは22時まで。

⑳小売店:顧客2人当たり15平米、2メートル社会距離を維持。運営上の対策。店内及び店外に待つ人の列を整備。

㉑その他のサービス業・営業所:運営上の対策。

㉒事業者(製造業・倉庫業):運営上の対策。

㉓事業者(事務職・その他の営業):テレワーク推奨。

㉔温泉療養所:運営上の対策。

㉕刑務所における面会:運営上の対策。

㉖緊急事態の必要性:必要あり

㉗規制順守チェック:警察及び自治体

<スキー場>

宿泊施設:閉鎖

スキー場:オープン可、但し、社会距離維持のための通路設置。

リフト:スキー客も可、但し、カバーは開けたままにする。

ロープウェイ:スキー客も可、但し、窓を開けて操業。


リスク1(緑)

①マスク着用義務:屋内の限定された場所及び公共交通機関

②屋内及び屋外における集会人数:屋外500人、屋内100人

③結婚式・葬儀・宗教儀礼:最大100人

④病院・社会福祉施設の面会:鼻・口を覆っている場合(マスク・粉塵マスクなどを着用している場合)に限り、許可。

⑤自由な移動:制限なし。

⑥行政役所の受付時間:制限なし。

⑦宿泊施設:制限なし。

⑧学校:保育園、基礎学校、高校、高等専門学校、大学は通常授業。生涯大学は遠隔授業。

⑨スポーツ試合:観客屋外1000人/屋内500人。屋外:1セクション500人で最大2セクションまで。屋内:1セクション最大250人で最大2セクションまで。

⑩余暇のスポーツ:屋外/屋内の運動可。屋内では、1運動場に2チームまで。運営上の対策。

⑪プール・ウェルネス:人が集会する催しと同規定。

⑫文化関係:

観客は座席につく場合:屋外2000人/屋内1000人。屋外:1セクション1000人で最大2セクションまで。屋内:1セクション500人で最大2セクションまで。

観客が立つ場合:屋外1000人/屋内500人。屋外:1セ