• Miwatis Praha

2021年9月16-19日チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:9月25日


日本 明日9月20日(月)から濃い赤色の国

9月11日以降の規制変更


<目次>

1.感染状況データ

2.今日の動き

3.EU諸国の感染状況比較(ECDCのデータ)(2021年9月16日更新)

4.各国の感染リスク度表示(2021年9月17日更新)

5.チェコへの入国規定(2021年9月11日更新)



1. 感染状況データ

9月15日(水)8時におけるチェコ保健省の発表


9月14日(火)の新規陽性者数:553人

(前週火曜日比 29人少ない)


過去直近7日間における人口10万人当たりの新規感染者数

9月15日現在25人 (9月14日現在25人)

過去直近14日間における人口10万人当たりの新規感染者数

9月15日現在45人 (9月14日現在43人)


PCR検査実施数累計:10,437,865件

PCR検査実施数(9月14日):21,354件

抗原検査実施累計:26,628,873件

抗原検査実施数(9月14日):34,208件


全検査の陽性率(9月14日現在):3.9(3.00%*)

*7日間の移動平均

予防接種実施(9月14日現在)

当日の投与回数:11,710

累計:11,661,302

ワクチン接種完了:5,861,425人

治った人の数:1,649,734人

現在の入院患者数:145人

累計感染者数:1,684,357人

累計死亡者数: 30,417人


入院患者数と重症者数

9月14日(火)現在

入院患者数:145人(9月13日の152人から7人減)

重症者の数:25人(9月13日の22人から3人増)


*1週間前9月7日の入院患者数は96人、重症者の数は16人だった。


プラハの感染状況

9月14日(火)

新規陽性者数:118人

9月15日(水)8時現在の発表

治った人の数:187,318人

累計感染者数:191,116人

累計死亡者数:2,767人


各州の状況はこちら



PESシステム リスク指標(2021年9月15日現在)

保健省のデータ


リスク指標 規制レベル(相当)

チェコ全国    45↓     3

*リスク指標:9月13日は47、14日は47だった。


2.今日の動き

●感染状況(9月18日)

・昨日9月17日(金)の新規陽性者数は442人(その後修正が入り、444人)。

1週間前とほぼ同数だった。前日比では107人減。


・今週、火曜日(9月14日)~木曜日(16日)まで3日間、日当たり新規陽性者数が500人を超えていた。


・入院患者数は171人。うち、重症者数は31人。

(入院患者数は、ほぼ同レベルで増減を繰り返している)


・R値は1.13。8月26日から1を超える数字が続いている。


・地方の比較(過去直近7日間における人口10万人当たりの新規陽性者数)

プラハ 46人

モラビア・シレジア州 38人

カルロビバリ州 36人(減少傾向)

・・・

リベレツ州 10未満


●感染状況(9月19日)

・昨日9月18日(土)の新規陽性者数は301人。前週土曜日比にて50人多い。

週末の数字では、5月22日以来最多。


・新規陽性者数は、先週に比べて全体的に増加している。

今週月~土曜日の新規陽性者数は、2862人。先週は約400人少なかった。


・入院患者数は146人で、前日から23人減。うち、重症者数は29人。

(入院患者数は、ほぼ同レベルで増減を繰り返している)


・R値は1.11。

・全国の感染率(過去直近7日間における人口10万人当たりの新規陽性者数)は28人で、同じ数字が3日間継続している。


・地方の比較(過去直近7日間における人口10万人当たりの新規陽性者数)

プラハ 47人

モラビア・シレジア州 38人

カルロビバリ州 31人(減少傾向)

・・・

リベレツ州 10人


●3回目接種

 明日9月20日(月)から、3回目接種が開始する。最終接種から8か月が経過していることが条件となる。この条件を満たすのは、昨年12月末、第一にワクチン接種を受けることになった医療従事者であるため、明日から医療従事者が3回目接種を受け始める。


 最終接種を受けて8か月が経過し、3回目接種を受けることのできる人に対して、明日からSMSにて通知が送付される。


<最終接種から8か月が経過する人の数>

9月20日現在 7829人

9月末 4万0040人

10月末 24万4344人

11月末 51万9521人

12月末 100万9015人

(保健省データ:チェコテレビ19時ニュース)


 プラハにあるモトル病院等では、心臓の疾患を持ち、抵抗力が弱まっている人等に対し、優先的に3回接種を行うことを発表している。


 チェコテレビは、現在、週当たりの新規陽性者総数が増加傾向にあるため、政府は3回目接種を行い、秋の感染者増加を未然に防ぐ意向であるが、まだ全くワクチン接種を受けていない人の接種数が減少傾向にあることを指摘している。


●ワクチンの抗体持続期間(9月17日ニュース)

 9月半ば、英国公衆衛生庁(Public Health England)は、新型コロナウイルスワクチンの抗体は非常にゆっくり減少すること(但し、高齢者、慢性疾患のある人は例外)を発表した。

 現在、チェコをはじめ、フランス、イスラエル、アメリカ、英国等、約20か国においてワクチン3回目接種を認可し、接種の計画を立てている。目的は、3回目接種により、弱まった免疫力を強め、今年の秋から冬にかけて患者が増えて病院が逼迫することを避けるため。3回目接種を実施する国は、3回目接種を必要とする人の明確化に大きな関心を持っている。

 これまでイスラエルが発表したデータでは、接種を受けた人大半において、抗体が大幅に減少という結果が出ていたが、今回イギリスが行った調査では、2回目接種3か月が経過すると抗体が減少し始めるものの、減少の程度は年齢によって大きく異なるという結果が出た。高齢者及び深刻な疾患のある人は比較的早く減少し始めるが、健康な人では9か月経っても減少の程度が緩やかであり、さほど重大ではないことが報告され、65歳未満の人、また65歳以上でも健康な人の場合は、抗体の状況が非常に良いことが指摘されている。

 今回の調査実施者は、今後数年間にわたり抗体の変化を調査する。


●企業の様子

チェコテレビが、チェコの主要企業に聞き取り調査を行ったところ、以下が判明したとして、ウェブサイトの記事に掲載している。

・今回問い合わせた企業は、今後、感染者が増加するした場合に備えて、企業における検査実施再開の準備が整っている。

・チェコ郵便局ではPCR検査の導入も検討。

・これまで検査を中断することなく継続している企業もある。(例:Skoda Auto)

・OKDは検査を1か月中止していたが、再開した。

・聞き取り調査した企業におけるワクチン接種率は、40~70%。


●各国の危険度

 保健省は、9月17日(金)、各国の危険度をアップデートした。9月20日(月)から、以下の国の危険度が下記のとおり変更となる。


感染リスクの高い国(赤):ラトビア、サンマリノ、ルーマニア

感染リスク中程度の国(オレンジ):アイスランド、ポルトガル(アゾレス諸島を含む)

感染リスクが非常に高い国(濃い赤色の国):スロベニア


保健省のニュースリリースはこちら


2021年9月20日から、日本は「緑色の国」から「濃い赤色の国」になる。


チェコ保健省が各国の感染リスクに応じたリスト毎週金曜日公表するが、9月17日(金)付のリスト上に記載されていないため。同リストに記載されていないEU諸国外の国は濃い赤色の国となる。


このため、チェコが発行した滞在許可を持っていない人、又はチェコ以外のEU諸国(EU諸国+)の発行した滞在許可又は永住許可を持っていない人は、9月20日(月)よりチェコへの入国が不可能となる。(こちらを参照


●チェコ国内への入国規定(2021年9月11日から有効)

(以下はブログ作成者から)

2021年9月10日、チェコ国内への入国規定が修正されました。当ブログ上における紹介は今日になりましたが、9月11日以降のブログにて入国規定を遡及して修正しました。ご了承ください。


●チェコ在外公館及びEU以外の国の外国人入国

9月11日から有効になった入国規定変更に伴い、チェコ内務省のページに以下が記載されています。


① 今後、チェコ在外公館の活動を徐々に本来の状態に戻していく。

② EU外の国の外国人に対し、当該国の感染状況に応じて、チェコ国内への入国を徐々に認めていく。


●チェコの滞在許可を持たない外国人の入国規定

9月11日からの入国規定変更に伴い、内務省のページに、チェコ又はEU諸国(EUプラス諸国)の発行した滞在許可を持たない外国人用の入国規定を示した図が掲載されています。各国における感染危険度に応じた入国規定は、チェコ国民、チェコ又はEU諸国が発行した滞在許可を持つ外国人用の規定と基本的に同じですが、現在、当該国が緑色の国(感染リスク低)でない場合、一部の例外を除いて、チェコへの入国は禁止されていることが記載されています。


<内務省のページ>

・・・以下、該当部分の訳・・・


「EU諸国以外の国の国民で、チェコが発行した滞在許可を持っていない人、又はチェコ以外のEU諸国プラス*の発行した滞在許可又は永住許可を持っていない人について、現在住んでいる国が感染リスク低ではない場合、現在、チェコへの入国は禁止されています。この禁止の例外は、保健省の感染対策(II./2及びII./3)**に記載されています」


・・・翻訳終・・・


*注:EU諸国プラス(EU+諸国)とは、EU加盟国及びアイスランド、バチカン、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、サンマリノ。

**注:例外は、保健省の感染対策(こちら)のII./2及びII./3に記載されています。


●チェコへ入国後、内務省移民局を訪問する際の注意事項

以下の内務省からの注意事項は、9月11日から掲載されていたのかはわかりませんが、日本が9月20日(月)から、感染リスクの非常に高い国(濃い赤色の国)になるため、お伝えします。


・・・以下翻訳・・・


<外国人がチェコへ入国する際の内務省からの注意事項>

内務省移民局(OAMP:Odbor azylové a migrační politiky Ministerstva vnitra)を訪問する際の注意

・チェコ保健省の有効な感染対策により、チェコへ入国後、PCR検査を受けることが義務付けられている人は、当検査の陰性結果が出るまで、内務省移民局を訪問しないでください。検査結果を所持していない場合は受け付けません。

・この義務のために、入国後3日後までに内務省移民局へ入国済であることを報告する義務を果たすことができなくても(この義務は、長期滞在許可又は永住許可を保持している外国人が相当します)、罰金は科されません。内務省移民局への入国報告は、可能な限り早い日に行ってください。

・内務省移民局を訪問する際は、事前に予約してください。また訪問の際は、レスピレーター又は使い捨てのサージカルマスクを着用してください。

・PCR検査結果が陽性だった場合は、隔離期間が終了してから、内務省移民局を訪問してください。

・マスク(レスピレーター、サージカルマスク)を着用していない人、及び隔離期間が終了前に内務省移民局を訪れても受け付けません。


・・・翻訳終・・・


3. EU諸国の感染状況比較(ECDCのデータ)

直近2週間における人口10万人当たりの感染者数(①)

及び人口100万人当たりの死亡者(②)

(2021年9月16日アップデート)


統計の対象は2週間 2021年35週目及び36週目

(35週目:8月30日~9月5日、36週目:9月6日~11日)


     ①  ②

1. スロベニア 508.38 8.59

2. アイルランド 405.46 12.69

3. エストニア 397.67 16.55

4. リトアニア 394.76 57.26

5. ノルウェー 355.84 2.42

6. ギリシャ 315.73 49.73

7. キプロス 315.09 30.41

8. リヒテンシュタイン

301.96 25.81

9. ブルガリア 283.00 113.79

10. オーストリア 282.38 6.97

11. クロアチア 264.95 28.58

12. ラトビア 255.49 18.87

13. フランス 241.51 19.41

14. ベルギー 237.61 8.16

15. オランダ 197.79 4.19

16. ポルトガル 194.48 13.21

17. ドイツ 175.61 5.75

18. アイスランド 157.63 0.00

19. ルクセンブルク 153.33 6.39

20. スウェーデン 147.07 2.32

21. スペイン 143.59 26.35

22. フィンランド 136.55 4.16

23. デンマーク 133.72 5.84

24. マルタ 130.60 17.49

25. ルーマニア 130.38 25.71

26. イタリア 127.71 13.85

27. スロバキア 100.92 2.20

28. チェコ 40.87 1.12

29. ハンガリー 34.58 3.28

30. ポーランド 14.58 2.24


*赤字は先週から増加。


4.各国の感染リスク度表示

保健省は、9月17日(金)、感染リスク度リストのアップデートを発表した。

2021年9月20日(月)0時から有効になる。


緑色の国(感染リスクが低い国)

オーストラリア

香港

ヨルダン・ハシェミット王国

カナダ

カタール

韓国

サウジアラビア

マカオ

ハンガリー

ニュージーランド

ポーランド

シンガポール

台湾

バチカン


*日本は、9月20日から緑色の国から感染リスクが非常に高い国(濃い赤色の国)になる。


オレンジ色の国(感染リスクが中程度の国) アンドラ

デンマーク

フィンランド

アイスランド

イタリア

ルクセンブルク

マルタ

ポルトガル(アゾレス諸島及びマデイラを含む)

スロバキア

スウェーデン

カナリア諸島


赤色の国(感染リスクが高い国)

ベルギー

ブルガリア

エストニア

フランス

クロアチア

アイルランド

キプロス

リヒテンシュタイン

リトアニア

ラトビア

モナコ

オランダ

ノルウェー

オーストリア

サンマリノ

ルーマニア

ギリシャ

ドイツ

スペイン(バレアレス諸島を含む)

スイス


濃い赤色の国(感染リスクが非常に高い国)

スロベニア

上記以外の国すべて(日本


保健省発表の各国危険度はこちら


5. チェコへの入国規定

9月11日から有効となったチェコへの入国規定


以下は、保健省のページを訳した内容(一部概要)


以下の人は、下記の帰国時規則から免除される。

① ワクチン接種完了し、最終接種から14日間が経過し、新型コロナウイルスに感染している症状のない人。ワクチン接種者も、入国申告書記入義務あり。


ワクチンの接種については以下が認められている。

・チェコ国内又はEU諸国内にてワクチン接種を受けた認証を持っている人。

・EU諸国外の国でワクチンを受けている場合は、英語で書かれた書面上の接種証明書又はEUの認める電子認証を所持し、EMAが登録又はWHOが緊急使用として承認しているワクチンである場合。書面による証明書は、所定の内容が記載されており、書面上の証明書から遠隔で内容を直接確認できること。


② これまで新型コロナウイルスに感染したことがあり、陽性が初めて確認された検査から11日以上180日以下の期間にあり、新型コロナウイルス電子認証に関するEU規則に基づいて発行された認証を持っている人。感染証明を持っている人も、入国申告書記入義務あり。


チェコへ向けて出発する前の滞在国にて新型コロナウイルスに感染し、隔離終了したことを証明する外交覚書を持っている人。入国申請書記入義務あり。


④ 6歳未満の子ども

  6歳未満の子どもは、入国申告書記入義務対象外。

⑤ 12時間以内にチェコ国内を通過する人。

⑥ 国際運送業の作業員

など。


<各感染リスクレベルに応じた入国規定>

感染度が低い国(緑色の国)

① 入国申告書の記入(国境検問にて要請に応じて提示)

② チェコへの入国前又は入国後5日後までに検査を受ける。検査結果が出るまで、自主隔 離の必要なし。

検査は、48時間以内に受けた抗原検査、または72時間以内に受けたPCR検査。(いずれも書面又はEU規則により認められた電子認証にて可)


感染リスクが中程度の国(オレンジの国)

① 入国申告書の記入(国境検問にて要請に応じて提示)

② チェコへの入国前又は入国後5日後までに検査を受ける。検査結果が出るまで、自主隔離の必要なし。

検査は、48時間以内に受けた抗原検査、または72時間以内に受けたPCR検査。(いずれも書面又はEU規則により認められた電子認証にて可)


感染リスクが高い国(赤色の国)

① 入国申告書の記入(国境検問にて要請に応じて提示)

1. 公共交通機関(飛行機、鉄道、バス等)により入国する場合

・48時間以内に受けた抗原検査の陰性結果(書面)又は72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果(書面)を所持。

入国申告書及び検査結果を提示しない渡航者は、交通機関により乗車が認められない。

・チェコへ入国後、5日~14日目の間にPCR検査を受ける。検査結果が出るまで、自主隔離。

2.個人の交通機関により入国する場合又は外交覚書を所持している場合

・渡航開始前に検査を受け、結果を所持する必要はない。

・チェコへ入国後、5日~14日目の間にPCR検査を受ける(保健省又は衛生局が例外を認めることがある)。検査結果が出るまで、自主隔離。


感染リスクが高い国(濃い赤色の国)

入国申告書(Public Health Passenger Locator Form) の記入(国境検問にて要請に応じて提示)

1. 公共交通機関(飛行機、鉄道、バス等)により入国する場合

・48時間以内に受けた抗原検査の陰性結果(書面)又は72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果(書面)を所持。

入国申告書及び検査結果を提示しない渡航者は、交通機関により乗車が認められない。

・チェコへ入国後、5日~14日目の間にPCR検査を受ける。検査結果が出るまで、自主隔離。

2.個人の交通機関により入国する場合又は外交覚書を所持している場合

・渡航開始前に検査を受け、結果を所持する必要はない。

・チェコへ入国後、5日~14日目の間にPCR検査を受ける(保健省又は衛生局が例外を認めることがある)。検査結果が出るまで、自主隔離。


感染リスクが極端に高い国(黒色の国)

① 入国申告書の記入(国境検問にて要請に応じて提示)

② チェコへの渡航開始前に、陰性結果(書面又は所定認証で、48時間以内に受けた抗原検査又は72時間以内に受けたPCR検査の陰性結果)を所持。

③ チェコへ入国後、24時間以内に受けるPCR検査の予約確認書を所持。(国境検問にて要請に応じて提示)

④ 入国申告書、検査結果及び入国後24時間以内に受けるPCR検査の予約確認書を提示しない渡航者は、交通機関により乗車が認められない。

⑤ チェコへ入国後、10日~14日目に再度PCR検査を受ける(保健省又は衛生局が例外を認めることがある)。

⑥ PCR検査陰性結果が出るまで、自主隔離。



<情報源>

https://www.ceskatelevize.cz/porady/1097181328-udalosti/dily/

https://ct24.ceskatelevize.cz/veda/3371198-vakciny-poskytuji-vybornou-imunitu-i-devet-mesicu-po-ockovani-ukazal-vyzkum-vyjimkou

https://ct24.ceskatelevize.cz/domaci/3372020-pocet-novych-pripadu-covidu-klesl-po-trech-dnech-pod-pet-set-za-patek-jich-je-442

https://ct24.ceskatelevize.cz/specialy/koronavirus/3371886-firmy-se-pripravuji-na-moznou-dalsi-vlnu-pandemie-testy-maji-jeste-z

https://ct24.ceskatelevize.cz/domaci/3372398-v-sobotu-v-cesku-pribylo-301-pripadu-covidu-hospitalizovanych-ubylo

145回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示