• Miwatis Praha

2022年7月29日・30日、8月5日チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:8月6日

感染拡大 現在ピーク 今後日当たり陽性者減少の予測

現在の検査費用 検査結果が陽性だった場合の対応の仕方


新規陽性者数 減少の傾向(8月5日ニュース)


2022年7月18日(月)から2回目ブースター接種開始

会場はこちら(https://ockoreport.uzis.cz/英語版あり)


<目次>

1.感染状況データ

2.今日の動き



1. 感染状況データ

今日の感染状況

2022年7月30日(土)10時31~32分におけるチェコ保健省の発表


7月29日(金)の新規陽性者数:2795人

(前週金曜日比 86人減)


再感染の疑いがある人*の数(7月29日):1029人

*前回の検査結果陽性から最低60日間経過後にPCR検査にて陽性が確認され、新規陽性者数の中に含まれていない人の数


過去直近7日間における人口10万人当たりの新規感染者数

7月30日現在157人 (7月29日現在158人)

過去直近14日間における人口10万人当たりの新規感染者数

7月30日現在300人 (7月29日現在296人)


PCR検査実施数累計:22,038,956件

PCR検査実施数(7月29日):6,804件

抗原検査実施累計:33,704,217件

抗原検査実施数(7月29日):3,896件

全検査の陽性率(7月29日現在):34.84(34.83%*)

*7日間の移動平均

予防接種実施(7月29日現在)

当日の接種回数:9,045回

(内、1回目追加接種の回数:2,427回)

(内、2回目追加接種の回数:6,232回)


(1回目追加接種の接種回数累計:4,269,668回)

(2回目追加接種の接種回数累計:48,972回)

接種回数累計:17,759,857回

ワクチン接種完了:6,885,405人

治った人の数:3,920,654人

現在の入院患者数:1221人

累計感染者数:3,984,090人

累計死亡者数: 40,464人


入院患者数と重症者数

7月29日(金)現在

入院患者数:1221人(7月28日1266人)

重症者の数:39人(7月21日42人)


プラハの感染状況

7月29日(金)

新規陽性者数:436人

7月30日(土)10時31~34分現在の発表

治った人の数:520,625人

累計感染者数:528,616人

累計死亡者数:3,624人


各州の状況:

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19/kraje


2.今日の動き

<8月5日(金)ニュース>

●感染状況

チェコテレビ19時ニュースにて、新規陽性者数の減少が報道された。


以下は、今週と先週(各週とも前週金曜日~翌週木曜日までの1週間)における

新規陽性者数(総数)

7月22日~28日 1万6910人

7月29日~8月4日 1万5094人


新規陽性者数の減少は6月以来初めて。

検査を受けた人の数(検査実施数)も減少している。


<7月29日(金)ニュース>

●感染状況

衛生局のスバルチノバー局長がチェコテレビのインタビューに出演し、以下を公表した。


・夏に拡大している新型コロナウイルスは、過去直近10日間、週末を除いて毎日約3000件の新規陽性者が発生しており、感染者数が増しているが、すでに現在感染速度は遅くなっており、この数日間内に頂点に達すると予測している。


・夏休みに多くの人が旅行し、人が多く集まる催しが頻繁に行われる為、感染が拡大しやすい。


・新型コロナウイルスによる入院患者も増加しているが、衛生局では、病院のデータを収集しており、現在、集中治療室へ収容されている件数は100件未満。そのうち、約3分の1にて人口呼吸器が必要となっている。この数字では、病院において前もって計画して行っている治療をキャンセルする事態になっていないため、警戒を要する数字ではない。(入院患者数、集中治療室の使用率が規制導入を判断する際の基準となる)


・現在の状況下において、規制導入は必要なく、推奨のみでよい


各自、自分の健康は自分で責任をとることを認識する時期に来ている


新型コロナウイルスに感染したことを示す症状がある場合は、周囲に気を配り、自宅待機し、医師に連絡しなければならない。


・保健省は現在、医師の推薦状なしに(PCR及び抗原)検査を受けられるよう提案しているが、衛生局も同提案に賛成する。(注:現在は、医師の推薦状がない場合検査費用に公的保険が適用されず、有料)


・欧州の多くの国と同様、チェコも秋に新型コロナウイルスの感染が拡大することを予測している。理由は、夏休みに世界の様々な国を旅行した人が帰国し、屋内にいる時間が長くなるため。


・この状況に対する対策は、ワクチン接種を受けることである。8月半ばより、接種を進めるキャンペーンを行う。


・ワクチン接種を受ければ、重症化・死亡に至るリスクが大幅に削減される。(これまでの1回目、2回目、3回目接種については分析結果がすでに出ている。4回目については受けた人がまだ少数であるため、今後分析評価が行われる)


・深刻な副作用が起こりえることも認める。多くの人が、1回目・2回目接種の時、高熱、寒気、筋肉痛が発生した。しかし、このような副作用はいずれのワクチンを接種しても起こるリスクがあり、新型コロナウイルスに感染して人口呼吸器が必要になることを考えれば、接種を受ける価値がある。


●現在の検査費用、感染した場合の対応の仕方

現在の検査実施費用、感染した場合の対応の仕方について、チェコテレビ19時ニュースにて、簡潔にまとまられた内容が報道された。


<現在の検査費用・感染した場合の対応>

・現在、検査費用は医師の推薦状がない場合、有料。

(医師の推薦状があれば保険が適用される為無料)

PCR検査(検査結果が48時間以内に出る場合) 814チェココルナ

抗原検査 201チェココルナ


<感染した場合の対応>

検査結果が陽性だった場合、最低7日間の隔離(自宅療養)に入る(最後の2日間は症状なしの状態であること)。その後は検査を受ける必要なく、隔離終了可


7日間経過しても、症状がある場合は、隔離を延長。2日間、症状なしの状態が続いたら、隔離終了可。


<感染者と接触した場合>

・隔離に入る必要なし。(同一家庭に住んでいる場合も同様で、隔離に入る必要なし)


・保健省の推奨

① 感染者と接触した場合、他の人と会うのを避け、多くの人が集まる催しものに行くことは控えること。

② レスピレーターの着用。

③ 症状が出ないかどうか、健康管理。


<7月30日(土)のニュース>

●現在の感染状況

・入院患者数の比較:

2022年7月1日 240人、2022年7月29日1221人(前週比にて約300人増加)

・重症者数の比較:

2022年7月1日 9人、 2022年7月29日 39人

・新規陽性者数

2022年7月25日 3768人(前週 2892人)

2022年7月26日 3434人(前週 3235人)

2022年7月27日 2977人(前週 2759人)

2022年7月28日 2551人(前週 2697人) 前週比にて減少1日目

2022年7月29日 2795人(前週 2881人) 前週比にて減少2日目



<情報源>

https://www.ceskatelevize.cz/porady/1097181328-udalosti/dily/

https://ct24.ceskatelevize.cz/domaci/3518619-cisla-z-nemocnic-jsou-uklidnujici-tvrdi-svrcinova-restrikce-podle-ni-nejsou-namiste

閲覧数:98回0件のコメント

最新記事

すべて表示