• Miwatis Praha

2022年7月4日・6日チェコ コロナウイルス関連ニュース

更新日:7月6日

新規陽性者数 増加

保健省 感染対策を推奨

第4回目接種の対象者 ワクチン協会が接種推奨対象者を発表


<目次>

1.感染状況データ

2.今日の動き



1. 感染状況データ

今日の感染状況


2022年7月5日(火)4時40~43分におけるチェコ保健省の発表


7月4日(月)の新規陽性者数:1297人

(前週月曜日比 56人増)


再感染の疑いがある人*の数(7月4日):376人

*前回の検査結果陽性から最低60日間経過後にPCR検査にて陽性が確認され、新規陽性者数の中に含まれていない人の数


過去直近7日間における人口10万人当たりの新規感染者数

7月5日現在60人 (7月4日現在60人)

過去直近14日間における人口10万人当たりの新規感染者数

7月5日現在101人 (7月4日現在95人)


PCR検査実施数累計:21,930,735件

PCR検査実施数(7月4日):3,488件

抗原検査実施累計:33,628,622件

抗原検査実施数(7月4日):2,723件

全検査の陽性率(7月4日現在):29.87(26.22%*)

*7日間の移動平均

予防接種実施(7月4日現在)

当日の接種回数:792回

(内、追加接種の回数:687回)

(追加接種の接種回数累計:4,240,912回)

接種回数累計:17,676,275回

ワクチン接種完了:6,882,501人

治った人の数:3,889,854人

現在の入院患者数:219人

累計感染者数:3,936,870人

累計死亡者数: 40,324人


入院患者数と重症者数

7月4日(月)現在

入院患者数:219人(7月3日186人)

重症者の数:13人(7月3日13人)


プラハの感染状況

7月4日(月)

新規陽性者数:299人

7月5日(火)4時40分現在の発表

治った人の数:512,920人

累計感染者数:518,795人

累計死亡者数:3,599人


各州の状況:

https://onemocneni-aktualne.mzcr.cz/covid-19/kraje


2.今日の動き

<7月6日(水)ニュース>

チェコのワクチン協会は、この秋の第4回目接種対象として、以下の人を対象とすることを推奨する旨発表した。

・60歳以上の人

・12歳以上の人で、免疫力が弱まっている人

・医療従事者で、上記のカテゴリーに入る患者と接する人

・滞在型社会福祉施設のクライアント(高齢者)及び従業員


<7月4日(月)ニュース>

チェコテレビ19時のニュースにて以下が報道された。


・新型コロナウイルスのオミクロン株の新変異株の割合が、PCR識別試験にて現在87%を占めている。


・新型コロナウイルスによる入院患者数も増加傾向にあり、現在200人に近づいている。(7月4日19時の時点では200人弱であると報道されていたが、7月5日朝4時40分のデータでは219人となっている)


・新規陽性者数は、昨年度同時期に比べ約10倍多くなっている。

(2022年7月1日:1299人、2021年7月1日:170人)


・昨年は、PCR検査無料、外国から帰国した場合の受検義務があったため、各検査会場にて受検希望者が列を作って並び、検査を受けていた。


・現在、欧州内の南部及び西部の国々にて感染拡大のスピードが速まっている。


・こうした状況の中、チェコ保健省は、現在、感染対策導入は予定していない


・理由は、オミクロン株の新変異株に感染しても重症化する可能性が稀であるため。


・しかし、7月4日、保健省は以下を「推奨」する旨、発表した。

・医療施設におけるレスピレーターの着用。

・新型コロナウイルスに感染したと考えられる症状が発生している場合は、

1. 医療施設以外の場所でもレスピレーターを着用。

2. 公共交通機関の利用を避ける。

3. 自宅からテレワークにて勤務する。


・ワクチン接種を推奨。(国によっては、無感染証明書の提示を求める国もあるため、ワクチン接種を受ける人の数がここ数日、増加傾向にある)


・保健省は、ワクチン接種キャンペーンを8月半ばに開始する予定。目的は、感染が今後さらに拡大し、新規陽性者数が急激に増加する波が訪れる前に、できる限り多くの人にブースター接種を受けてもらうため。


・昨年までは9月から感染拡大が開始したが、今年はすでに夏季(夏休み)に感染が拡大し始めているため、9月・10月に状況が悪くなることが想定される。(チェコ総合診療医協会ションカ会長)

*専門家によっては別の意見も出ている。プリムラ疫学者(前保健大臣、ワクチン協会会員、AGELジーチャニ病院院長)は、通常、感染の波はこれまでの経験から3か月継続しているため、今年は夏場に感染拡大し、10月には陽性者数が減少、昨年まで秋に訪れていた感染拡大の波が今年は早く訪れたと考えられると述べている。(チェコテレビ7月5日ニュース21時頃のインタビューにて)


今後のワクチン接種は、総合診療医(ホームドクター)、病院にて受ける。保健省は大規模接種センターの運営について、今後、ワクチン接種希望者が非常に多い場合は検討するとしているが、昨年のような状況になることは想定していない。


<7月1日(金)ニュース>

世界保健機関(WHO)のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は、今年の夏、欧州各国にて新型コロナウイルス感染者数が多くなることを予測している旨発表した。感染者数増加の原因は、これまでのオミクロン株よりも感染力の強い新変異株の感染が拡大しており、感染対策が解除されているため。クルーゲ欧州地域事務局長は欧州各国に対して、検査実施体制を制限しないよう呼びかけ、新型コロナウイルスに感染した場合に重症化を防ぐためにはワクチン接種が重要であることを述べた。



<情報源>

https://www.ceskatelevize.cz/porady/1097181328-udalosti/dily/

https://ct24.ceskatelevize.cz/veda/3512539-who-ocekava-ze-v-lete-bude-v-evrope-velky-pocet-nakazenych-koronavirem

https://www.denik.cz/z_domova/ockovani-proti-covidu-ctvrta-davka-20220706.html

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示