翻訳

       承っている言語の組み合わせ

  チェコ語・スロバキア語・日本語・英語・ドイツ語

  

  チェコ語から日本語、日本語からチェコ語への翻訳

  スロバキア語から日本語、日本語からスロバキア語への翻訳

  英語から日本語、日本語から英語への翻訳

  英語からチェコ語、チェコ語から英語への翻訳

  ドイツ語からチェコ語、チェコ語からドイツ語への翻訳

  ドイツ語から日本語への翻訳(ドイツ語から日本語への翻訳のみ)

  

  分野:法律・契約書、会計、工業技術、IT、

      ロジスティク、経済、社会保障、建築、一般文書等

 

  <各種手続きの翻訳(公式翻訳)>

      会社登記・結婚式・長期滞在許可申請時の内務省にお       

  ける面接・ビザ手続き等に関連する通訳・翻訳

  (会社商業登記簿、銀行残高証明書、婚姻証明書)

  チェコ共和国裁判所に登録された翻訳士が対応します。

  英語⇔チェコ語の翻訳について

  日本語から英語へ翻訳された文書をさらにチェコ語へ翻訳する場合、

  日本語で書かれた文書の意味を踏まえて、英語からチェコ語へ正しく

​  翻訳されているかを、翻訳者とは異なる担当者がチェックして完成し

  ます。品質チェックを受けた翻訳となりますので安心です。

   

公式翻訳とは・・・
​ チェコ共和国の各種手続きは、法律上、チェコ語にて行うことが定められており、外国語の文書はチェコ語へ翻訳することが義務付けられています。こうした翻訳は、チェコの裁判所に登録された専門の翻訳者(司法翻訳者、チェコ語ではsoudní tlumočníkと呼ばれています)が担当する制度になっています。       
 日本の方々が公式の翻訳を必要とする場面として、
・滞在査証申請時の書類(無犯罪証明書、銀行残高証明書など)
・労働許可取得時に必要な卒業証明書
・結婚式(婚姻届提出)
・法人の会社登記など
が挙げられます。
 英語・ドイツ語で発行された文書をチェコ語に翻訳する場合も、どうぞお気軽にお問い合わせください。
 ​弊社のチェコ語、英語、ドイツ語、日本語の司法翻訳者が、しっかりとした翻訳をお届けします。

<公式翻訳の作成の仕方・手順について>

 公式翻訳は、通常の翻訳とは以下の点が異なります。

   ・翻訳する文書の原本に、司法翻訳者が翻訳文書、及び翻訳が原本の内容

    と同一であることを宣言する認証を添えて、三色の綴り紐で綴じ、職印

    を押して完成します。

​   ・原本に翻訳を添付することになりますので、原本を容易に再発行するこ

    とができない場合は、お客様にチェコの公証役場(Notářská kancelář)

    にて原本証明(ověřování listin)を受けていただき、原本と同様であ

    ると認められたコピーに翻訳を添付して作成しています。

 

翻訳を承る際の具体的な手順については、こちらの事務所まで原本をお届けくださる方法など、お客様のご事情をお伺いしました上でご相談させていただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。